Web取引ガイド

動向リスト

動向リスト
統計データは、このような問いに正しい正解を出してくれます。
今回の例でいうと、正解は59.3%の普及率だそうです。

住宅ローン関連の金利推移

変動金利 6月の変動金利の最低金利は、0.289%(前月比-0.021%)と下がりました。当該商品のキャンペーン開始による引き下げ幅の拡大によるものです。なお、銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
銀行変動金利の基準金利は2009年より動きがありませんが、金融機関の金利引き下げ条件により適用金利が変動します。借り入れを検討の際はキャンペーンの情報をチェックし自分に適用される金利を確認するようにしましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 6月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.570%(前月比-0.010%)、固定5年で0.510%(同比-0.020%)、固定10年で0.665%(同比-0.035%)となりました。
三井住友銀行はすべての固定期間で、みずほ銀行は固定5年以上で金利引き下げとなっていますが、三菱UFJ銀行は固定10年を引き下げるも固定20年は引き上げとしています。概ね引き下げの方向となったのは、これまでのFRB(連邦準備制度理事会)による金利引き上げ報道の過熱感がひと段落したためと考えられます。固定金利は金利情勢の影響を受けやすいため毎月金融機関のホームページなどで最新の金利情報を確認しましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.490%(前月比+0.010%)となりました。2022年2月以降5か月連続しての上昇です。
借り入れ検討当初より金利が上昇している場合、現在の金利水準でも返済計画に無理が生じないかシミュレーションするようにしましょう。 2022年06月02日掲載

過去の金利動向短信

2022年5月

変動金利 5月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0%)と変更ありませんでした。なお、銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
銀行変動金利は短期プライムレートと連動しており2009年より動きがありません。短期プライムレートは日銀の金融政策により変動の可能性が高いため、ニュースなどで取り上げられた際には影響の有無を確認するようにしましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 5月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.580%(前月比+0.020%)、固定5年で0.530%(同比+0.020%)、固定10年で0.700%(同比+0.085%)となりました。
メガバンク3行はほとんどの固定期間で金利引き上げとなっており、固定期間10年では三菱UFJ銀行と三井住友銀行では0.150%、みずほ銀行では0.100%の引き上げ幅となっています。5月に入りFRB(連邦準備制度理事会)が金利引き上げを決定したことで、さらに市場金利の変動に影響が出るものと考えられます。毎月金融機関のホームページなどで最新の金利情報を確認しましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.480%(前月比+0.040%)となりました。2022年1月の1.300%から0.180%の上昇です。
フラット35は全期間固定金利型で借入後に金利上昇するリスクはありませんが、金利は申込時ではなく借入時のものが適用されます。FRB(連邦準備制度理事会)の金利引き上げ決定により市場金利の変動が想定されますので、借り入れまで金利動向を注視しましょう。 2022年05月06日掲載

2022年4月

変動金利 4月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0%)と変更ありませんでした。なお、銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
2009年2月から銀行変動金利に動きはありませんが、金利政策や市場金利の変化により動きがあるかもしれないということは念頭に置いておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 4月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.560%(前月比+0.120%)、固定5年で0.510%(同比+0.030%)、固定10年で0.615%(同比+0.020%)となりました。
メガバンクではみずほ銀行がすべて据置きとしましたが、三菱UFJ銀行では固定期間3年、三井住友銀行では固定期間2・3・5年で引き上げとしています。FRB(連邦準備制度理事会)が段階的な金利引き上げを明言したことにより上昇トレンドが継続しています。毎月金融機関のホームページなどで最新の金利情報を確認しましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.440%(前月比+0.010%)となりました。2月1.350%から3月1.430%と上昇幅が大きかったことと比較すると小幅上昇に止まりました。
FRB(連邦準備制度理事会)の金利引き上げなど市場金利上昇を招く話題が増えています。
フラット35は全期間固定金利型で将来的な金利上昇のリスクはありませんが、金利は申込時ではなく借入時のものが適用されるため、金利動向を注視しましょう。 2022年04月07日掲載

2022年3月

変動金利 3月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比+0.021%)と上昇しました。なお、銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
最低金利の上昇はキャンペーンにより金利引き下げ条件の見直しによるものです。住宅ローンの利用を検討する際は、キャンペーン情報と適用条件のチェックをするようにしましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 3月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.440%(前月比+0.50%)、固定5年で0.480%(同比+0.010%)、固定10年で0.595%(同比+0.07%)となりました。メガバンクでは三井住友銀行の固定期間3年が据置きとなった以外、すべての固定期間で引き上げとなっています。これは2月にFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長が金利引き上げの意向を示したことの影響と考えられ、引き続き言動が注目されています。さらに今後はロシアのウクライナ侵攻による世界情勢での金利変動の可能性も考えられます。毎月金融機関のホームページなどで最新の金利情報を確認しましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.430%(前月比+0.08%)となりました。FRB(連邦準備制度理事会)の動向やウクライナ情勢の影響を受ける可能性があり、変動が予想されますので注意が必要です。
フラット35を含む一般的な住宅ローンの金利は、申込時ではなく借入時のものを適用します。借り入れまでの金利変動の可能性を考慮し資金計画をたてるようにしましょう。 2022年03月03日掲載

2022年2月

変動金利 2月の変動金利の最低金利は、0.289%(前月比±0.00%)と変わりはありませんでした。また、銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
住宅ローンの需要月である3月にかけてキャンペーンを実施し、通常時よりも金利引き下げ幅を拡大している商品があります。住宅ローンの利用を検討する際は、キャンペーン情報と適用条件のチェックをするようにしましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 2月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.動向リスト 390%(前月比±0.00%)、固定5年で0.470%(同比+0.20%)、固定10年で0.525%(同比+0.06%)となりました。メガバンクでは三菱UFJ銀行が固定10年で0.10%引き上げ、みずほ銀行は一律0.05%引き上げ、三井住友銀行は固定期間5年以下で一律0.05%引き上げ、固定10年で0.10%引き上げとしています。これはFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長が金利引き上げの意向を示したことが影響したものと考えられ、日本の金利動向は米国の市場動向に左右させられることもあります。住宅ローンの申込みを予定している方は、金融機関のホームページなどで最新の金利情報を確認しましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.350%(前月比+0.05%)となりました。2月の金利上昇の要因は、金利決定時の新発10年物国債の利回りが1月の金利決定のタイミングよりも高くなったことであると考えられます。
フラット35を含む一般的な住宅ローンの金利は、申込時ではなく借入時のものを適用します。申込みから借り入れまでに時間を要する場合は、金利変動の可能性を考慮し資金計画をたてるようにしましょう。 2022年02月03日掲載

2022年1月

変動金利 1月の変動金利の最低金利は、0.289%(前月比▲0.021%)とキャンペーン適用で0.3%を下回る水準となっています。銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
12月の入りからオミクロン株の流行が懸念されていましたが、感染拡大のニュースはやはり株式相場などに悪材料となりました。一方、米国のCPI(米消費者物価指数)の上昇が金利上昇に働きましたが、市場の想定内と判断され大きな変化には至りませんでした。既に流行している欧米諸国の状況が日本の市場に影響を与えていますが、日本でも感染者数が増加傾向です。今後は、国内感染者数の増加に伴う経済の停滞が懸念され、金利に影響を及ぼすことが予想されますので注視しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 1月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.動向リスト 390%(前月比±0.00%)、固定5年で0.450%(同比±0.00%)、固定10年で0.465%(同比▲0.01%)となりました。メガバンクでは三井住友銀行の固定3年が0.01%引き上げとしていますが、それ以外は据置きとなっています。金利の動向は、米国の市場動向に左右されています。オミクロン株による感染者増加は、リスク回避のきっかけとなり、金利低下の要因となります。一方で、米国企業の業績は回復傾向であり、リスク選好で株式などに投資する意欲が高いことから、金利変動が拮抗し、12月とあまり変わらない水準で推移しています。米国だけではなく日本でも同じ推移となっていますが、日本では感染者数の増加はこれから訪れるといった状況です。日本固有の状況も考慮し金利を確認するようにしてみましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.300%(前月比▲0.03%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引き下げとなります。1月の金利決定のタイミングが12月の金利決定のタイミングよりも新発10年物国債の利回りが低かったことが要因と考えられます。継続的に実施されているフラット35Sですが、毎年度利用予算が決まっています。本年度は3月31日迄なので、予算を消化した場合は募集受付が終了になりますので注意しましょう。なお受付終了の場合は、フラット35のサイト内で終了の約3週間前に掲示されます。 2022年01月06日掲載

2021年12月

変動金利 12月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0.00%)と変更はありません。また銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
11月は当初米国のインフレ懸念や利上げ観測などから金利が上昇傾向であったものの、月末にかけ、新型コロナウィルスのオミクロン株の発生および警戒から株安、債券金利安に振れる展開となりました。今後のオミクロン株の感染状況によって、様々な市況が大きく変動する可能性が高いと考えられます。12月に入り慌ただしくなりますが、ニュースには注目しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 12月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.390%(前月比±0.00%)、固定5年で0.450%(同比±0.00%)、固定10年で0.動向リスト 475%(同比+0.010%)となりました。メガバンクでは三井住友銀行の固定3年が0.01%引き上げとしていますが、それ以外は据え置きとなっています。11月は債券金利の振れ幅が大きい月でした。11月初旬は海外の中央銀行が利上げに消極的な発言を材料に金利は低下していきました。しかし米国の消費者物価指数の上昇が利上げ圧力となり、金利上昇に転じる展開です。ここ最近はこのような動きを繰り返すことが多かったものの、新型コロナウィルスのオミクロン株の発生によりリスク回避から株安や金利安となっています。オミクロン株の続報次第で投資リスク回避の行動は継続して増えるものと思われます。変動金利と違い固定金利はその時の金利状況を反映した次月金利を発表しますので、固定金利を選択される方は、金利低下局面を有効に活用しましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.330%(前月比±0.00%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引き下げとなります。フラット35も11月は金利据え置きとなりました。フラット35では2022年4月に一部で制度変更を予定しています。マンションの適正管理に関する法律の改正により、分譲時点で適切な管理計画を作成した新築マンションに対し、(公財)マンション管理センターが予備認定をした物件でフラット35を利用する場合、金利を当初5年間は▲0.25%引き下げできます。またその物件がフラット35Sに適合している場合は、フラット35S利用時の▲0.25%引き下げも上乗せされ、▲0.50%が引き下げとなり、金利メリットが大きくなります。2022年4月以降から対象となりますので、物件を選ぶ際のポイントとして覚えておいて損はないでしょう。 2021年12月03日掲載

2021年11月

変動金利 11月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0.00%)と変更はありません。また銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
11月の住宅ローン金利は、固定金利で引き上げがみられましたが、変動金利が動かないのは、短期プライムレートが一定水準を保っているためです。変動金利の基準金利はこの短期プライムレートに金利を上乗せして決定しており、その中央値が2.475%というわけです。短期プライムレートは各銀行で決めることができるため、引き上げることも可能です。融資金利を引き上げると金利収益は増加しますが、現在借り入れをしている個人や中小企業などの金利負担増加から返済に影響がでる可能性があります。よって現在の変動金利は、メリットとデメリットでバランスされた状態と言えるかもしれません。とはいえ、金利が変動する可能性はありますので、ニュースなどは注視しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 11月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.390%(前月比+0.05%)、固定5年で0.450%(同比▲0.04%)、固定10年で0.465%(同比+0.07%)となりました。動きにバラつきはありますが、メガバンク各行は揃って固定金利を引き上げています。11月の固定金利を決定する上で重要イベントだったのが、米国の長期金利上昇です。米国では連邦政府が債務上限の引き上げによるデフォルト回避、雇用改善に伴うインフレ圧力が大きくなったことで、長期金利が上昇しました。また米国のテーパリング実施観測からみると、この債券金利の上昇は予想されていたものです。実際に金利上昇し、その影響が日本の債券金利にもおよび、住宅ローンなどの固定金利の上昇に繋がったことになります。この金利上昇は微増ながらもしばらく続く可能性があります。固定金利の利用を検討されている方は、引き続き米国の株式や債券の動きにも注目しておきましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.330%(前月比+0.03%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引き下げとなります。指標となる新発10年国債の金利が上昇し、10月は約6ヶ月ぶりに0.1%という水準をつけました。11月に入り米国の株高や、10月31日投開票だった衆議院選挙における自民党の議席が絶対安定多数などのニュースを材料に、0.1%を超える金利水準で動いています。11月も金利が変動する材料があるため、フラット35を選択肢に入れている方は、注視しておきましょう。 2021年11月02日掲載

2021年10月

変動金利 10月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0.00%)と変更はありません。また銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
9月はトピックスが多くありました。株価上昇要因として、菅総理大臣の退陣表明や中国恒大集団の債務支払い問題の緩和があります。また、新型コロナウイルスの感染者減少により、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置がほぼ半年ぶりに全面解除されたことも大きいでしょう。株価下落要因では、米国のテーパリング実施観測や中国恒大集団の問題そのものが挙げられます。これらの要因から市況は一時3万円台を回復しましたが、月後半にかけては1か月前の水準に戻っています。経済活動回復の他、欧米や中国の動向によりしばらくは株価の値動きも荒くなることが考えられます。国内外の動向には引き続き注視しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 10月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.340%(前月比±0.00%)、固定5年で0.490%(同比+0.01%)、固定10年で0.395%(同比±0.00%)となりました。メガバンクではみずほ銀行が固定7年以降の中長期の金利を引き上げています。直近で米国のテーパリング実施観測から債券金利は上昇しています。9月の1ヶ月間で国内の長期金利は上昇し、固定金利の引き上げが予想されましたが、金融機関の住宅ローン固定金利にはさほど動きがありませんでした。商品施策として固定金利の引き上げを抑止しているとも考えられます。金融機関によっては、申込みから融資実行までに金利変動があっても、一定の条件下で、有利な金利を選択できる商品もあります。固定金利の利用を検討されている方は、申込みは早めにしておくことも考えておきましょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.動向リスト 300%(前月比+0.02%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引き下げとなります。指標となる新発10年国債の金利上昇に伴い、10月の金利も上昇しています。11月にも米国ではテーパリングの開始を正式決定する見込みとの報道がされており、金利変動はしばらく動きが大きくなる可能性があるので注視しておきましょう。なおフラット35では、10月から団体信用生命保険特約料支払いのクレジットカード月額払いを開始しています。支払い方法の選択肢として参考にしてみましょう。 2021年10月04日掲載

2021年9月

変動金利 9月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0.00%)と変更はありません。また銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
8月1か月間で日経平均株価の変動はあったものの、月初月末では同水準で大きな変化はみられませんでした。また、緊急事態宣言の対象エリアが拡大されるなど、新型コロナウイルス感染状況も増加から変化はありません。今後の市場動向は新型コロナウイルスの感染者動向に加え、米国のテーパリング(量的緩和の縮小)が焦点になりそうです。国内外の金融政策の動向には引き続き注視しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 9月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.340%(前月比±0.00%)、固定5年で0.480%(同比±0.00%)、固定10年で0.395%(同比±0.00%)と変わりなく、メガバンクでも固定金利に動きはありませんでした。米国でテーパリング(量的緩和の縮小)を示唆した発言がありました。年内にテーパリングが実施されると長期金利の上昇が予想される為、日本の債券市場でも金利の動きは活発になると考えられます。2021年もあと4ヶ月程となりますので、住宅ローンで固定金利を選択される方は、情報収集をしておくといいでしょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.280%(前月比±0.00%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引下げとなります。指標となる新発10年国債の金利に大きな変化がなく、金利は8月と同水準となりました。米国のテーパリング(量的緩和の縮小)が報道の通り実施されると、長期金利上昇の要因となり日本でも影響は出てきます。またそれはフラット35の適用金利も変動する可能性を示唆しています。フラット35は借入実行時の金利が適用されるため、申込時点の金利が確約されませんので注意しましょう。 2021年09月03日掲載

2021年8月

変動金利 8月の変動金利の最低金利は、0.動向リスト 310%(前月比±0.00%)と変更はありません。また銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
7月の日経平均株価はじりじりと値を下げる展開となりました。東京都の緊急事態宣言の再延長から始まり、新型コロナウイルス感染者数の急激な増加や緊急事態宣言の対象エリアの拡大と悪材料が多くなっています。それでも日経平均株価は、コロナ禍当初の第1回緊急事態宣言時より高い株価水準を維持しています。しかし、日銀のETF等の購入が減少している為、更に株価が下がる可能性も十分あります。オリンピックおよびパラリンピック開催期間中となりますが、感染者数の増加やその対応策、金融政策の動向などを注視しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 8月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.340%(前月比±0%)、固定5年で0.480%(同比+0.03%)、固定10年で0.395%(同比▲0.03%)となりました。メガバンクではみずほ銀行の固定金利に金利引き下げの動きがありました。債券市場は新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う景気回復の遅延、中国当局の規制強化などを材料に債券が買われ、金利の低下が進んだことが要因となります。感染者数の増加などは毎日変化する事から、急激な金利の変化がおきないか確認しておくといいでしょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.280%(前月比▲0.05%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引下げとなります。指標となる新発10年国債の金利が低下傾向にありました。日経平均株価は新型コロナウイルスの感染者増加や景気回復の遅延などにより、安全資産である債券が買われやすくなり、金利の低下となっています。感染者数の最多記録は更新され続けていますので、さらに金利低下となる可能性があります。月末近くの金利の変化には特に注視しておきましょう。 2021年08月05日掲載

2021年7月

変動金利 7月の変動金利の最低金利は、0.310%(前月比±0.00%)と変更はありません。また銀行変動金利の基準金利は2.475%※と同じく変わりはありませんでした。
日経平均株価などの株式相場は、米国のNYダウ平均と似通った値動きをしていましたが、直近ではNYダウ平均の上昇幅よりも変動は少なくなっています。新型コロナウイルスの感染者数の増減やオリンピック開催に絡む情報などの固有の原因が理由と思われます。オリンピック開催まで1か月を切りました。開催中の選手や観客を入れた場合の感染者の動向にも相場が左右される可能性がありますので、注視しておきましょう。
※日本銀行の金融経済統計月報記載の都市銀行各行の中央値 固定金利 7月の固定金利の最低金利は、固定3年で0.340%(前月比±0%)、固定5年で0.480%(同比+0.03%)、固定10年で0.425%(同比±0.00%)となりました。メガバンクでは三菱UFJ銀行とみずほ銀行の固定金利に金利引き下げの動きがありました。債券市場は5月末と比較して6月末は国債の順調な入札や日銀の国債買入れオペ(公開市場操作)などにより、金利は下落しました。その結果、金融機関の個別の判断にはなるものの、比較的長期の固定金利が低下しています。オリンピックの開催も控えていますので、どう推移するのかを確認しておくといいでしょう。 フラット35 フラット35(借入期間21年以上、融資比率9割以下)の最低金利は、1.330%(前月比▲0.02%)となりました。フラット35Sが適用される場合は、フラット35の金利から▲0.25%の引下げとなります。長期金利の低下から適用金利にも低下の傾向が見て取れます。2021年10月以降の設計検査申請分より、フラット35Sの適用が出来ないケースが追加されます。土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)で住宅の建築や購入をする場合が該当します。ご利用になる場合は、制度変更についても確認しておきましょう。 2021年07月06日掲載

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年秋

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年秋

令和3(2021)年9月~11月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。その他の時期の動向リストはこちら。 ■令和3年夏の動向 ■令和3.

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年夏

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年夏

令和3(2021)年6月~8月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。その他の時期の動向リストはこちら。 ■令和3年春の動向 ■令和2年.

広島電鉄/日野/P-HT233BA

広島電鉄/日野/P-HT233BA

アルファリゾート・トマム/日野/P-HT233BA

アルファリゾート・トマム/日野/P-HT233BA

占冠村トマムにある大規模リゾート施設。占冠村の振興策として1980 年代に開発が始まり、1983 年にホテルアルファトマムとスキー場がオープン。.

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年春

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年春

都営バス移籍車動向:令和2(2020)-3(2021)年冬

都営バス移籍車動向:令和2(2020)-3(2021)年冬

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年秋

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年秋

令和2(2020)年9月~11月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。その他の時期の動向リストはこちら。 ■令和2年秋の動向 ■令和2.

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年夏

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年夏

令和2(2020)年6月~8月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。その他の時期の動向リストはこちら。 ■令和2年秋の動向 ■令和2年.

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年春

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年春

令和元(2020)年3月~令和2(2020)年5月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →令和元年冬の動向 →令和元年秋の動向 →令.

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年冬

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年冬

令和元(2019)年12月~令和2(2020)年2月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →令和元年秋の動向 →令和元年夏の動向 動向リスト →.

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年秋

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年秋

令和元(2019)年9月~11月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →令和元年夏の動向 →平成31年春の動向 →平成30年秋冬の動.

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年夏

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年夏

令和元(2019)年6月~8月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成31年春の動向 →平成30年秋冬の動向 →平成30年夏の動.

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年夏

都営バス移籍車動向:令和元(2019)年夏

令和元(2019)年6月~令和元(2019)年8月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成31年春の動向 →平成30年秋冬の動向.

都営バス移籍車動向:平成31(2019)年春

都営バス移籍車動向:平成31(2019)年春

平成31(2019)年3月~令和元(2019)年5月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成30年秋冬の動向 →平成30年夏の動.

中古流通再開前の移籍車現況(H31.4現在)

中古流通再開前の移籍車現況(H31.4現在)

移籍先一覧-H代(平成13年度)

移籍先一覧-H代(平成13年度)

都営バス移籍車動向:平成30(2018)年秋冬

都営バス移籍車動向:平成30(2018)年秋冬

平成30(動向リスト 2018)年9月~平成31(2019)年2月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成30年夏の動向 →平成30年春の動.

都営バス移籍車動向:平成30(2018)年夏

都営バス移籍車動向:平成30(2018)年夏

平成30(2018)年6~8月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成30年春の動向 →平成29年冬の動向 →平成29年秋の動向.

都営バス移籍車動向:平成30(2018)年春

都営バス移籍車動向:平成30(2018)年春

平成30(2018)年2~5月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成29年冬の動向 →平成29年秋の動向 →平成29年夏の動向.

都営バス移籍車動向:平成29(2017)年冬

動向リスト 都営バス移籍車動向:平成29(2017)年冬

平成29(2017)年12~平成30(2018)年2月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。 →平成29年秋の動向 →平成29年夏の動.

大規模なリストとライブラリを管理する

SharePoint Server サブスクリプション エディション SharePoint Server 2019 SharePoint Server 2016 Microsoft 365 の SharePoint SharePoint Server 2010 Microsoft 365 Microsoft Lists Microsoft 365 Small Business の SharePoint その他. 表示数を減らす

リストまたはライブラリには、最大 3,000 万件のアイテムまたはファイルを格納できます。 大規模なリストのフィルター処理されたビューの操作性は、他のリストの場合とあまり変わりません。 ただし、リスト ビューに表示されるアイテムが 5,000 個を超えると、リスト ビューのしきい値エラーが発生することがあります。

ヒント: Microsoft Creators の リストに関する YouTube ビデオをご覧ください。 ライブラリに関するこれらの ビデオも役に立つ場合 があります。

モダンを使用する

インデックスを追加する

インデックスがない列によるフィルター処理または並べ替えを実行すると、エラー ダイアログが表示されることがあります。 その問題を修正するには、、設定メニューの [リストの設定] から [インデックス付きの列] を選択して、手動でインデックスを追加してください。

インデックスは、次の 2 つの状況で自動的に作成されます。

注: モダン環境で並べ替えを実行する際のインデックスの自動作成は、アイテム数が 20,000 未満のリストおよびライブラリに限定されています。

リスト ビューの編集

次の 4 つの項目の変更により、リスト ビューのしきい値エラーが発生しなくなります。 4 動向リスト 動向リスト つの項目すべてを変更すると、すべてのエラーが除去されます。

[最優先する列][2 番目に優先する列] の両方に、[なし] を選択します。

注: ユーザー、 ルックアップ、管理メタデータのような列の種類は、並べ替え時にリスト ビューのしきい値エラーを引き起こす可能性があります。 ただし、最優先する並べ替え基準には、テキスト、数値、日付などの列の種類を使用できます。

[最優先する列] および [2 番目に優先する列] の両方に、[なし] を選択します。

[集計] セクションでは、すべての列に [なし] を選択します。

[列] セクションでは、表示対象の 1 列を除いて、すべてを選択解除します。

注: 列の種類がユーザー、参照、および管理されたメタデータの列を 12 列以上表示すると、リスト ビューのしきい値エラーが発生することがあります。 その他の種類の列の表示では、問題は発生しません。

リスト フォーム

リスト SharePointを作成すると、リスト アイテムに使用できるすべてのフィールドがデータベースから取得されます。 ルックアップ列の数が多いリストは、複雑で大量のステートメントSQL場合があります。 SharePointは、完全な SQL ステートメントの長さを確認し、最大許容長を超えた場合に、このエラー メッセージを表示します。

"フィールドの長さが長すぎたため、リスト アイテムを表示/追加する必要がありました。 新しいエントリを短くするか、この一覧から一部のフィールドを削除してください。"

リスト ビューの各参照列によって、別のテーブルとの結合が生じます。 追加のルックアップ列ごとに複雑さを増し、本質的にクエリを実行するバックエンドのSQLされます。

SharePoint のリストまたはライブラリでの作業やクエリでリスト ビューのしきい値の警告を受けないようにするための方法には、さまざまなものがあります。 次のアイデアを採用すると、リスト ビューのしきい値 5,000 アイテムを超えないようにして、必要な情報を表示できます。 リスト 動向リスト 動向リスト ビューのしきい値の詳細については、「アイテム数が多いリストとライブラリの概要」を参照してください。

リスト ビューのしきい値の制限の操作

SharePoint には、管理可能なデータおよびスループットの量を制御するリソースの制限があります。 既定では、リスト ビューのしきい値のアイテム数は約 5,000 です。これは、ユーザーが大規模なリストを良好なパフォーマンスを維持しながら使用できるように設定されています。 リスト ビューのしきい値を使用する主な方法は、次の 3 つです。

SharePoint のすべてのバージョン: インデックス、フィルター、フォルダー、およびオフライン データを使用し、返されるアイテム数を管理できます。

SharePoint のサーバー バージョン: 管理者がスケジュールした時間帯を使用できます。この上限は上げられています。

SharePoint のサーバー バージョン: ネットワーク管理者がリスト ビューのしきい値の上限を上げることができます。

たとえば SharePoint、この制限は変更できません。共有テナントのユーザーがクエリで常に良好なパフォーマンスを得るのを可能にするために、24 x 7 が設定されています。 この制限の影響を受けずに済むよう、クエリを制限内に保つために行えるいくつかの操作を次に示します。

注: システム生成のビューでは、返されるアイテムの数が多く表示される場合があります。

インデックスとフィルター 計画的にインデックスを作成し、そのインデックスをフィルターで使用すると、アイテム数をリスト ビューのしきい値内に保てるようになります。 詳細については、「SharePoint の列にインデックスを追加する」と「フィルターを使用して SharePoint ビューを変更する」を参照してください。

フォルダーを使用して整理する ただし、フォルダーに対するクエリの戻りがリスト ビューのしきい値を超えないように注意する必要があります。 詳細については、リストでフォルダーを作成する方法に関するページとドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する方法について参照してください。

ドキュメント センター サイトを使用する ドキュメント センターとは、ドキュメントの検索、保管、および操作を行う機能を備えたサイトの作成に使用できるテンプレートです。 適切なアクセス許可がある場合、このテンプレートを使用してサイトまたはサブサイトを作成できます。 詳細については、「ドキュメント センター サイトを使用する」を参照してください。

同期されたデータとオフライン データ データをオフラインにすると、Excel または Access を使用してリスト データに対して無制限にクエリを実行できます。 ドキュメント フォルダーを同期すると、ローカル コンピューターで作業を行え、変更内容は自動的にサーバーで更新されます。 詳細については、「SharePoint ファイルを OneDrive for Business 同期クライアントと同期する」と「SharePoint のファイルを新しい OneDrive 同期アプリと同期する」を参照してください。

SharePoint Server のサーバー (SharePoint 2016、2013、2010) の場合も、既定では、リスト ビューのしきい値は 5,000 アイテムです。 ただし、ネットワーク管理者が行う必要がある制御は多岐にわたるため、大量のクエリや他のデータ集約型の操作を実行できるよう、制限が実質的にない時間帯を設定できます。 この時間帯は通常、ほとんどのユーザーがシステムを使用しない夜間に設定されます。 管理者は、必要に応じて上限を上げることもできます。

最後の選択肢として、Server バージョンの SharePoint でも、上限を変更することができます。 ただし、上限を上げると、一部またはすべてのユーザーのパフォーマンスに影響を与える可能性が高くなるというリスクがあります。

SharePoint 2019 では、リスト ビューしきい値によってブロックされていても、アイテム数の合計が 20,000 未満の場合、インデックスを列に追加できます。 すべてのバージョンの SharePoint で、大規模なリストとライブラリを使用している場合に、列インデックスでビューをフィルター処理することで結果数を減らすことができます。 インデックス付き列でフィルター処理されたビューを作成するには、インデックスに作成して、そのインデックス付き列をフィルター処理に使用したビューを作成するという 2 段階の手順を実行します。

大規模なリストとライブラリの使用にフォルダーは必要はありませんが、データの整理に使用して、データに効率的にアクセスできるようにすることができます。 フォルダーの作成はドキュメント ライブラリでは既定で有効ですが、リストでは有効ではありません。 詳細については、「リストでフォルダーを作成する」および「ドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する」を参照してください。

注: [SharePoint] コマンドまたはドラッグ アンド 動向リスト ドロップを使用すると、既存のメタデータも移動されます。

フォルダーの作成時に、内部インデックスが自動的に作成されます。 この内部インデックスは、ルート フォルダーや、ライブラリまたはリストの最上位レベルにも作成されます。 フォルダー内のアイテムにアクセスする場合は、実質的にこの内部インデックスを使って、データにアクセスしています。 なお、フォルダーにサブフォルダーが含まれる場合、各サブフォルダーはアイテムとしてカウントされます (そのサブフォルダーのアイテムはカウントされません)。

リストまたはライブラリのアイテムの合計数が著しく多くなる場合でも、単一のフォルダーのビューは、少なくとも、インデックス付きの列を使用してアイテムの合計数をフィルターで抽出するビューと同様に早く処理できます。 状況によっては、リストまたはライブラリのすべてのアイテムが複数のフォルダーに分散されていて、アイテム数が 5,000 を超えているフォルダーがないこともあります。

1 つのフォルダーには [リスト ビューのしきい値] を超えるアイテムを格納できますが、ブロックされるのを避けるために、列インデックスに基づいてフィルター処理されたビューを使用する場合もあります。

このリストまたはライブラリでビューを作成または変更するときに [フォルダー] セクションで [フォルダーなしですべてのアイテムを表示する] オプションを選んだ場合、単純インデックスに基づくフィルターを使用して、リスト ビューのしきい値に達しないようにしてください。

多くの場合、ユーザーが新しいアイテムを挿入するときに適切なフォルダーを選ぶことができるように、既定のビューではフォルダーをフィルタリングせず、使用できるすべてのフォルダーを表示することが推奨されます。 すべてのフォルダーを表示することで、アイテムが誤ってリストまたはライブラリ内のフォルダーの外に追加されることを防ぐことができます。 ライブラリとは異なり、リスト内のフォルダー間でアイテムを自動的に移動する方法はありません。

注: SharePoint のごみ箱にアイテムを移動しても、それらのアイテムは、フィルター式でリスト ビューのしきい値を超えているかどうかを判断するときにカウントされます。 ごみ箱を空にすると、カウントされなくなります。 詳細については、「ごみ箱を空にするまたはファイルを復元する」を参照してください。

大規模なリストを削除するには、データベース リソースが必要であり、リスト ビューのしきい値によってブロックされる可能性ががあります。 大規模なリストを削除する場合には、時間帯の間に試すようにして、ブロックを回避してください。 削除処理が割り当てられている時間よりも長くかかる場合でも、他のユーザーに関係なく、完了までそれは実行されます。 時間がかかる場合があります。

オフライン同期、外部データと Access のデータ管理

コンピューターを同期するときには、データをオフラインにすると便利で効率的です。 使用しているリスト データに応じて、Excel、Access または Outlook を使用できます。 また SharePoint サービスに応じて、エンタープライズ リソース プラニング (ERP) システム、OData、Web サービスを使用した外部のデータ管理を制限なく使用できます。

変更をデスクトップ コンピューターやノート PC で行い、スムーズかつ効率的に変更を同期して競合を解決し、データをオンライン状態に戻すことができます。 動向リスト 大規模なリストを操作する際に、データの "除去"、分析、またはレポートにオフライン同期を使用すると、データベース処理の負荷を軽減したり SharePoint リソースの使用を最小限に抑えたりすることができます。

次のいくつかの Microsoft Office 製品を使用すると、リスト データをオフラインで使用して、オンライン状態に戻ったときに変更を同期できます。 これらにエクスポートするには、Microsoft 365 または Office デスクトップのどちらかにアプリがインストールされている必要があります。

Microsoft Access Access が処理できるデータの行数は SharePoint よりも多く、そのようなデータを操作するための強力なツールをたくさん備えています。 Access でデータを処理し、SharePoint と同期することで、より大きなデータ セットを取り扱えます。

ほとんどのネイティブのリストにリンクして 動向リスト 動向リスト 動向リスト Access で読み取りと書き込みを行うことができ、SharePoint の事実上すべてのデータ型を Access で処理することができます。 リンクを使用すると、SharePoint リストでデータに接続できるので、双方向接続を作成して、SharePoint リストと Access データベースの両方の最新のデータを参照および編集できるようになります。 Access では、SharePoint リストがコピー (複製) されて Access のテーブルが作成されます。 Access のテーブルが作成されると、最大 2 GB (Access の制限値) のリストのデータを Access 動向リスト 動向リスト で処理できるようになります (ローカルに格納されない添付ファイルは除く)。 また、Access では、クライアント上にリストのデータがキャッシュされ、効率的なメモリ内のライトスルー キャッシュが使用されます。 これにより、変更されたリスト アイテムだけが転送されるため、クエリや更新の実行がはるかに高速になります。 競合する更新をスムーズに管理できるように、競合を解決するためのダイアログ ボックスも用意されています。

Access Services 機能がアクティブ化されると、操作できるデータが [リスト ビューのしきい値] (既定では最大 50,000 個のアイテム) より大幅に増加します。 Access では、リストまたはライブラリのデータを自動的に小規模なバッチで処理し、その後にデータを再構築する手法が使用されるため、[リスト ビューのしきい値] の値をはるかに超える大量のデータを処理することができ、SharePoint サイトの他のユーザーに悪影響を及ぼすこともありません。 詳細については、「Access サービスの使用」を参照してください。

動向リスト Microsoft Excel SharePoint のリストは Excel のテーブルにエクスポートできます。これにより、Excel のテーブルと SharePoint のリストに、単方向のデータ接続が作成されます。

SharePoint の強調表示されているリボンの [Excel に​​エクスポート] ボタン

Excel では、大規模なリストもブロックされることなく操作できます。 さらに、SharePoint と Access の両方と Excel を同期することにより、それぞれのプラットフォームを最大限に利用できます。

SharePoint のリストからデータを更新し、Excel のテーブルを更新した場合、Microsoft Excel は最新の SharePoint リスト データを使用し、Excel テーブルに対して行ったすべての変更を上書きし、Excel データを置き換えます。

[Excel に​​エクスポート] が強調表示されている SharePoint Online リスト

Excel テーブルにデータを入れると、強力で柔軟なワークシート、ピボット テーブル レポート、本格的な外観のグラフおよびスパークライン、アイコンを使用した条件付き書式、データ バー、カラー スケールおよび高度な what-if 分析など、Microsoft Excel の多数のデータ解析機能を利用できます。

Access Services 機能がアクティブ化されると、操作できるデータが [リスト ビューのしきい値] (既定では最大 50,000 個のアイテム) より大幅に増加します。 詳細については、「Access サービスの使用」を参照してください。

Microsoft Outlook たとえば、標準のタスク リストとプロジェクト タスク リストの両方を使用するには、Outlook の画面から、タスク リストをオフラインにし、新しいタスクを表示および更新して割り当てた後、オンラインに戻して同期します。 たとえば、標準のタスク リストとプロジェクト タスク リストの両方を使用するには、Outlook の画面から、タスク リストをオフラインにし、新しいタスクを表示および更新して割り当てた後、オンラインに戻して同期します。Outlook では、SharePoint の連絡先をより効率的に保存、共有、および管理することもできます。

Access の場合、SharePoint サイトに発行されたリンク リストに基づいて、クエリ、フォーム、レポート、マクロとともに、テーブルを構築し、Access Services に基づいて Web データベースを作成します。 これらの Web データベースはアップグレードされるので、引き続き使用して変更したり、テンプレートから新しいデータベースを作成したりすることができますが、これらの操作に Access 動向リスト 動向リスト 2013 は使用できません。

Access アプリは SharePoint でコードを使用せずに作成できます。 一般的に、SharePoint アプリは、配布や Marketplace での利用が容易であることに重点を置いたソリューションです。 ソリューションのパッケージ化、配布、実行、監視、使用中止を行うことができる便利な代替の手段としてアプリを考えてみてください。 詳細については、「Access アプリを作成する」を参照してください。

SharePoint リストにデータを格納する Access Web データベース アプリケーションとは異なり、Access アプリはデータの格納に SharePoint Products とは別に SQL Server データベースを使います。そのため、SharePoint の 動向リスト [リスト ビューのしきい値] の制限を受けません。 これによって Access ソリューションのスケーラビリティは大幅に向上し、数百万単位のレコードも効率的に処理できます。 SharePoint Server ユーザーの場合、SQL Server データベースを組織のファイアウォール内で運用できるように構成できます。 オンライン ユーザーの場合、データベースは、無料のアカウントと無料の記憶域を使って有効にした SQL Server Azure データベースです。 Azure の詳細については、Microsoft Azure のホーム ページを参照してください。

最後になりましたが、SharePoint のリストと Access のテーブル間でデータを同期して、両方のデータ 動向リスト セットを最新状態にすることができます。 同期は双方向で実行されます。 リストに対し Access から実行された変更は SharePoint のリストにアップロードされ、SharePoint のリストに加えられた変更は、コンピューターの Access にダウンロードされます。 詳細については、「SharePoint にデータをインポート、リンク、または移動する」を参照してください。

SharePoint の検索ボックスとドキュメント センターのソリューション

大規模なライブラリまたはリストのドキュメントまたはアイテムを見つけるには、リストまたはライブラリの [検索] ボックスにキーワードまたはフレーズを入力する方法もあります。 SharePoint 検索には独自のインデックス作成メカニズムがあり、リスト ビューのしきい値や関連する他の制限を受けません。

大規模なライブラリを管理するためのもう 1 つのソリューションは、ドキュメント センター サイトを使用する方法です。 ドキュメント センターはドキュメントを管理するために設計されており、内外のファイルのチェック、ワークフロー、フィルター、ビューなどの機能があります。

SharePoint のページには、ページ上部のサイト検索と特定のリストまたはライブラリ用の検索ボックスの 2 つの検索ボックスが通常あります。 リストまたはライブラリの [検索] ボックスを使用すると、次のように検索操作の範囲を少しずつ広げることができます。

既定で、最初の検索範囲は、現在のビューとすべてのサブフォルダーに含まれるすべてのアイテムに基づきます。 結果は列として表示されます。結果の列に対してはさらにフィルタリングや並べ替えを行えます。 その時点でリスト ビューのしきい値を超えている場合は、結果の一部が表示されません。

目的のアイテムが見つからない場合、現在のビューや [リスト ビューのしきい値] に関係なく、検索範囲を広げてリスト全体を含めることができます。

最後になりましたが、サイト全体を検索するように範囲を広げることもできます。 この場合、標準の [検索] サイト ページにすべての結果が表示されます。 [絞り込み] ウィンドウを使ってフィルターし、結果を絞り込むことができます。たとえば、ドキュメントの作成者やリスト アイテムの作成日などを使えます。 また、ブール構文と論理演算子を使って、より複雑なクエリを作成することもできます。

[検索] ボックスは、クライアント側のレンダリング ビューとして表示されているリストまたはライブラリでのみ使用できます。 既定の動作は、[検索] ボックスの表示ですが、ツール ウィンドウの [その他] セクションで、リスト ビュー Web パーツのプロパティの [検索ボックス] を使って [検索] ボックスを非表示にすることができます。 Web パーツのプロパティの詳細については、「リストおよびその他の Web パーツを使用する」を参照してください。

[その他] の [検索ボックスを表示する] リスト プロパティ

たくさんのドキュメントを作成、管理、保存する場合は、ドキュメント センター サイトを使うことができます。 ドキュメント センターはサイト テンプレートに基づいていて、多数のドキュメントを管理する一元的なリポジトリとして機能するように設計されています。 メタデータやツリー ビュー ナビゲーション、コンテンツ タイプ、Web パーツなどの機能を使うと、ユーザーにとって効率的で意味のある方法で、ドキュメントを構成し、取得できます。 サイト テンプレートの使用方法の詳細については、「サイトテンプレートを作成して使用する」を参照してください。

Content Stewards は、メタデータ主導のナビゲーションをすばやく構成でき、インデックスを明示的に作成しなくてもほとんどのライブラリで動作します。また、追加のインデックスを作成して幅広いフィルターとビューのパフォーマンスを強化するときにも役立ちます。 詳細については、「ドキュメント センター サイトを使用する」を参照してください。

ドキュメント センター サイトは、オーサリング環境またはコンテンツ アーカイブとして使用できます。

オーサリング環境では、ユーザーはファイルのチェックインおよびチェックアウトを頻繁に行い、これらのファイル用のフォルダー構造を作成します。 バージョン管理が有効になり、ドキュメントごとに以前のバージョンを 10 以上保存できます。 ユーザーが頻繁にドキュメントのチェックインとチェックアウトを行う場合、ワークフローでドキュメントに対するアクションを自動化できます。

対照的に、コンテンツまたはナレッジ ベース アーカイブでは作成処理はほとんど発生しません。 ユーザーは、ドキュメントを表示またはアップロードするだけです。 一般に、コンテンツ アーカイブにはドキュメントの単一のバージョンが含まれ、サイトは数百万単位のファイルにまで拡張できます。 大きな組織の技術サポート センターのような一般的な例では、10,000 人ものユーザーが主に読み取り目的でコンテンツにアクセスします。 その中の 3,000 から 4,動向リスト 000 人程度のユーザーがサイトに新しいコンテンツをアップロードします。

個人用ビュー、リレーショナル リスト、RSS フィードを使う

システムのパフォーマンス全体をさらに上げ、リソースのしきい値や制限に達するのを避けるには、個人用ビュー、リレーショナル リストまたは RSS フィードの使用を検討してください。

個人用ビュー 列のインデックスを正しく使うビューを作成することは、リストやライブラリが大きいほど複雑になるため、大規模なリストやライブラリの場合は、投稿者から [個人用ビューの管理] アクセス許可を削除することもできます。 このアクセス許可を削除すると、ユーザーはすべてのアイテムを対象とするビューや、サイトの他の処理についてパフォーマンスを低下させるようなビューを作成できなくなります。 アクセス許可の詳細については、「リストまたはライブラリのアクセス許可を編集する」を参照してください。

リレーショナル リスト 参照列、一意の列、参照整合性が適用されたリレーションシップの動作を使ってリストの関係を作成すると、リスト ビューのしきい値に達する可能性があり、次の状況ではブロックされる場合があります。

[リスト ビューのしきい値] の値を超える数のアイテムがある既存のリストで列を一意にする場合 (ただし、リストに 1 つのアイテムを追加するとリストのアイテムの数が [リスト ビューのしきい値] の値を超える操作は、通常、ブロックされません)。

リストのアイテム数が [リスト 動向リスト ビューのしきい値] を超える場合、そのリストの参照フィールドについて、[連鎖削除] または [削除制限] を有効にします。

RSS フィード サーバーの全体管理およびサイト コレクション レベルで RSS サポートが有効になったら、さまざまな種類のリストおよびライブラリに対する RSS サポートを有効にして構成できます。 ユーザーがリストまたはライブラリの RSS フィードにアクセスすると、そのリストからデータが取得されます。 既定の RSS ビューでは、[更新日時] 列にフィルターを使用して表示される、アイテムの最終変更日時に基づいて、返されるアイテムの数が制限されます。 リストまたはライブラリに多数のアイテムがあり、ユーザーが RSS フィードにアクセスできる場合は、[更新日時] 列にインデックスを作成することをお勧めします。 また、RSS 動向リスト フィードに含める変更の [アイテム数] および [日数] を変更することで、取得されるアイテムの数を減らすこともできます。

RSS フィードの管理方法の詳細については、「RSS フィードを管理する」を参照してください。 RSS フィードの追加方法の詳細については、「通知の作成または RSS フィードのサブスクライブ」を参照してください。

SharePoint Server 管理者のみ

これらの操作は、SharePoint Server バージョンで、SharePoint またはネットワーク管理者とファーム管理者のみが実行できます。

リストまたはライブラリからアイテムを取得する第 1 の方法はビューを使用する方法ですが、時間帯に使用するのが適した SharePoint コマンドおよび操作も用意されています。

統計データサイト14選|市場動向を的確に把握してマーケティングに活用

統計サイト

1_生活総研

統計データは、このような問いに正しい正解を出してくれます。
今回の例でいうと、正解は59.3%の普及率だそうです。

データの種類

市場規模についてわかる調査

「商品」に対して行われる調査です。
その商品の需要が金額的にどのくらいあるのか、将来的にどのようになるのかなど知ることができます。
商品開発・企画するときに必見の調査です。(参考:ネットリサーチ会社の一覧 ≫)

例)「食品」に関する「市場調査」
“パン市場に関する調査結果
2013年度の国内パン市場規模は、前年度比100.2%の1兆4,042億円
食事系パン(食パン、食卓パン)がシェア3割に近づき、惣菜パンは堅調に推移
小売チャネル別市場構成比は、量販店とコンビニで6割に近づく
参照元:http://www.yano.co.jp/press/press.php/001387

・出荷状況調査

例)「デバイス」に関する「出荷状況調査」
“2014年度通期国内タブレット端末出荷概況
2014年度通期のタブレット端末出荷台数は前年同期比24.2%増の929万台
Appleが408万台(シェア43.9%)で出荷統計開始から5年連続シェア1位を獲得
OS別台数シェアはAndroid 425万台(45.7%)が2年連続1位
2015年度は1,動向リスト 070万台で初の1,000万台超へ
参考:http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120150521700

消費者についてわかる調査

例)「ライフスタイル」に関する「意識調査」
“男性の美容意識調査
約4割の人が、自分は「実年齢より若く、年下に見える」と思っている
スキンケア・ヘアケアに関心がある人は57.3%
スキンケア・ヘアケア商品の購入する際、47.1%は男性用であることにこだわらない
商品選びで最も重視するポイントは、「効果があること」
参照元:http://www.intage.co.jp/library/20150325/

例)「アプリ」に関する「利用調査」
“スマートフォンアプリに関する調査 動向リスト
スマートフォンユーザーがよく使うアプリ、社会人と主婦は「ゲーム」、学生は「SNS」
チャットアプリの利用「LINE」が最多で87.5%
参照元:https://mmdlabo.jp/?type=0#topList

安価なマーケティングリサーチも登場

統計レポート総合データベース4選

あらゆる統計調査を集約したサイト-調査のチカラ-

2_調査のチカラ

「調査のチカラ」はインターネットに公開されている統計情報を集約したサイトです。
あらゆる情報を集めているので、様々な調査を網羅的に、ジャンル別で検索することができます。
「調査のチカラ」に載っているサイトは基本的に閲覧が無料ですので、見たいデータを素早く確認することができます。
「統計データを探したい!」とお考えの方は、まずこのサイトを探してみるのがよいかもしれません。

消費者意識を知りたいなら-レポセン-

3_レポセン

「レポセン」は調査のチカラと同様、各企業の統計データを集めたサイトとなっています。
消費者の動向に関する調査、消費者意識調査が約2300件まとまっています(2015/05/18現在)。
市場理解に活用するのもよいですし、興味のあるデータを眺めてみるのも面白いです。

日本政府の統計データのまとめ-政府統計の総合窓口-

4_政府の統計窓口

「政府の統計窓口」は日本政府が調査したデータを公開しているサイトです。
14の府省が調査してきたデータですので、様々なジャンルの調査があります。
調査内容は、国民生活の調査や国土に関する調査、地域の人口変動など国に関するものとなります。
定点調査で行われるものがほとんどなので、年次ごとの動向を追うこともできます。
民間の調査では得ることのできないデータがたくさんあるので、一読の価値があるサイトだと思います。

経済のあらゆる調査がここに-経済ニュース-

5_経済ニュース

「経済ニュース」は国内外の経済に関連する調査がまとめてあるサイトです
レポートの更新頻度が非常に高いことが特徴で、レポートの掲載数約21万件と莫大です。(2015/05/18現在)
現在の経済状況、経済の今後の展望など知りたい方は「経済ニュース」を確認することをお勧めします。

市場調査・消費者意識調査を公開しているサイト5選

22年分の消費者観測データ無償公開-生活定点-

6_生活定点

「生活定点」は博報堂生活総合研究所が運営している無料のサイトです。
1992年から定点調査を実施しており、私たちの日常生活に関する意識調査を公開しています。
他のサイトの調査よりもカジュアルなのでサクサク眺めることもできます。
掲載調査数は多くはないですが、興味深い調査が多く載っています。

市場調査をお探しなら-矢野経済研究所-

7_矢野経済研究所

矢野経済研究所はマーケティングリサーチ、ソリューションを行っている会社です。
本サイトは、矢野経済研究所が市場規模調査の実際の結果が載っています。
マーケティングリサーチ専門の会社のレポートであるため、かなり詳細なレポートを確認できます。
中には会員登録が必要なものもありますので注意が必要です。

食品や小売りに関する調査-JMR生活総合研究所-

8_JMR生活総合研究所

JMR生活総合研究所はマーケティング・コンサルティングを行っている会社です。
本サイトは消費者のブランドイメージに対する調査が中心にまとまっています。
他にも市場推移、販売量などの調査もあります。
BtoCのマーケティングに関する調査が充実しているので、「流通」「消費」の調査に興味のある方は是非ご参照ください。

ライフスタイルに関する意識調査-HoNote-

HoNote画像

マクロミルはネットリサーチの大手です。
「HoNote(ホノテ)」は、マクロミルが公表したデータを掲載しています。
掲載内容は、日常生活に関する意識調査です。
消費に関することから、休暇の過ごし方など多彩な内容のデータが集まっています。
サイトの中身が見やすく整理されており、内容も意識調査とくだけたものなのでカジュアルに読み進めることができます。

販売データを活用した消費者調査-インテージ-

10_インテージ

インテージは市場調査に強みのある企業で多くの販売データを保有しています。
本サイトは販売データを基にした市場調査のデータのほかにも、多数のジャンル(環境、海外、エンタメなど)が公開されています。
意識調査が定点的に行われており、時系列を追って動向を見ることもできます。
人々の意識調査に興味がある場合に、非常に面白いサイトであると思います。

IT系のリサーチ結果を公表しているサイト5選

モバイルデバイスに関する調査なら-MMD研究所-

11_MMD研究所

MMD研究所はモバイルに特化した調査研究機関です。
したがって本サイトの調査も、モバイルにかかわる消費者調査がほとんどです。
デバイスに関するユーザーの調査なので、読み手にわかりやすいサイトです。
サイト更新頻度も非常に高く、SNS上で多くの支持を集めています。

・利用調査
・意識調査
・認知度調査

IT市場規模の確認に-IDC Japan-

12_IDC Japan 株式会社

IDCJapanはIT領域に特化したリサーチ会社です。
掲載内容はIT市場のデータ、個人・企業のデバイス・サービスなどの利用状況のデータです。
サイト更新率が高く、最新の市場動向が確認できるます。
IT市場を確認したいときに、おすすめのサイトです。

・デバイス
・ITサービス
・ソフトウェア

デバイス・アプリに関する調査-MM総研-

13_MM総研

MM総研はIT専門のリサーチ・コンサルティング会社です。
本サイトはデバイスに関する情報を中心にIT関連の統計データがまとめられています。 動向リスト
調査内容は、市場調査と端末の出荷状況の調査です。
PCや携帯電話など端末の出荷状況は定点的にまとめられているので、時系列を追って動向確認ができます。

200万人のパネラーによる意識調査-NTTコム リサーチ-

14_NTTコム リサーチ

NTTコムは約200万人のパネラーを抱えるリサーチ会社で、消費者に焦点を当てた調査が強みです。
本サイトでは、消費者目線でのITサービスの利用調査や意識調査が掲載されています。
ITに関することだけでなく、その他ライフスタイルに関する調査もあります。
ITサービスに関する消費者の概況を確認しやい場合におすすめです。

・アプリ
・ITサービス
・ライフスタイル

Webサービスに関する意識調査-日経デジタルマーケティング-

15_日経デジタルマーケティング

「日経デジタルマーケティング」にはITサービスに関して、消費者の調査が載せられています。
実際に存在する具体的なサービスに関する消費者の意識調査が載っています。
統計だけでなく、IT分野に関するニュースも配信されており、情報量が豊富です。
一部会員登録必要のコンテンツがあるので注意が必要です。

【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

完=完全移籍 満=契約満了 引=引退
大=大卒ルーキー 高=高卒ルーキー 昇=下部組織からの昇格
レ=レンタル移籍 復=レンタル復帰 了=レンタル終了 解=契約解除
※=2022シーズン加入内定
◇トップ昇格・新加入後にレンタル放出
●北海道コンサドーレ札幌 監督:ペトロヴィッチ IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 MF 大 井川 空(21) 筑波大 大 田中宏武(21) 立正大 FW 完 ガブリエル・シャビエル(28) 名古屋 レ 興梠慎三(35) 浦和 復 檀崎竜孔(21) 千葉 復 藤村 怜(21) 山形 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 MF 完 チャナティップ 川崎 完 中野嘉大(28) 鳥栖 FW 満 ジェイ(39) 未定 ●鹿島アントラーズ 監督:レネ・ヴァイラー(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 DF 昇 溝口修平(17) 鹿島ユース 復 動向リスト 動向リスト 動向リスト 小田逸稀(23) 千葉 完 キム・ミンテ(28) [札幌]名古屋 MF 完 仲間隼斗(29) 柏 完 樋口雄太(25) 鳥栖 完 中村亮太朗(24) 甲府 復 名古新太郎(25) 湘南 FW 完 鈴木優磨(25) シント=トロイデン/ベルギー OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 DF 完 永戸勝也(26) 横浜 完 犬飼智也(28) 浦和 レ 町田浩樹(24) ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー MF 完 レオ・シルバ(35) 名古屋 完 永木亮太(33) 湘南 完 遠藤 康(33) 仙台 レ 須藤直輝(19) 金沢 ●浦和レッズ 監督:リカルド・ロドリゲス(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 完 牲川歩見(27) 水戸 DF 完 犬飼智也(28) 鹿島 完 大畑歩夢(20) 鳥栖 完 馬渡和彰(30) 大宮 完 知念哲矢(24) 琉球 MF レ 岩尾 動向リスト 動向リスト 憲() 徳島 大 安居海渡(21) 流通経済大 大 宮本優太(22) 流通経済大 完 松尾佑介(24) 横浜FC 完 松崎 快(24) 水戸 完 ダヴィド・モーベルグ(27) スパルタ・プラハ/チェコ FW 高 木原 励(18) 京都橘高 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK 引 塩田仁史(40) DF 満 西 大伍 未定 完 トーマス・デン(24) 新潟 完 槙野智章(34) 神戸 完 宇賀神友弥(33) 岐阜 完 山中亮輔(28) C大阪 レ 福島竜弥(19) 相模原 動向リスト MF 引 阿部勇樹(40) レ 金子大毅(23) 京都 レ 武田英寿(20) 大宮 完 田中達也(29) 福岡 完 汰木康也(26) 神戸 FW 完 木下康介(27) 水戸 レ 興梠慎三(35) 札幌 ●柏レイソル 監督:ネルシーニョ IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 復 猿田遥己(22) 横浜FC DF 昇 田中隼人(18) 柏U-18 完 岩下 航(22) 熊本 MF 高 土屋 巧(18) 日本体育大柏高 大 加藤匠人(22) 筑波大 完 中村慶太(28) 清水 動向リスト 完 小屋松知哉(26) 鳥栖 FW 昇 真家英嵩(18) 柏U-18 昇 升掛友護(18) 柏U-18 大 森 海渡(21) 筑波大 完 ドウグラス(33) 神戸 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK レ 滝本晴彦(24) 今治 動向リスト 動向リスト 動向リスト DF 完 鎌田次郎(36) 相模原 完 山下達也(34) C大阪 完 田上大地(28) 新潟 完 高橋峻希(31) 長崎 完 杉井 颯(21) 長野 MF 完 菊池大介(30) 岐阜 完 ヒシャルジソン(30) セアラ―/ブラジル 完 動向リスト 仲間隼斗(29) 鹿島 完 イッペイ・シノヅカ(26) 新潟 FW 完 神谷優太(24) 清水 完 クリスティアーノ(34) 長崎 完 瀬川祐輔(27) 湘南
●FC東京 監督:アルベル・プッチ・オルトネダ(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 完 ヤクブ・スウォビィク(30) 仙台 DF 動向リスト 動向リスト 完 エンリケ・トレヴィザン(24) エストリル・プライア/ポルトガル 大 岡庭愁人(22) 明治大 完 木本恭生(28) 名古屋 MF 復 平川 怜(21) 松本 高 松木玖生(18) 青森山田高 昇 梶浦勇輝(17) FC東京U-18 昇 安田虎士朗(18) FC東京U-18 FW 昇 野澤零温(18) FC東京U-18 完 山下敬大(25) 鳥栖 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK 満 阿部伸行(37) 未定 DF 満 ジョアン・オマリ(33) 未定 完 渡辺 剛(24) KVコルトレイク/ベルギー 完 中村拓海(20) 横浜FC レ 動向リスト 動向リスト 大森理生(19) 琉球 MF レ アルトゥール・シルバ(26) 富山 FW レ 田川亨介(22) サンタ・クララ/ポルトガル レ 野澤零温(18) 相模原 ●川崎フロンターレ 監督:鬼木 達(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 大 早坂勇希(22) 桐蔭横浜大 DF 動向リスト 動向リスト 大 佐々木旭(21) 流通経済大 MF 完 チャナティップ(28) 札幌 大 松井蓮之(21) 法政大 完 瀬古 樹(24) 横浜FC 復 原田虹輝(21) 鳥取 FW 昇 五十嵐太陽(18) 川崎U-18 高 永長鷹虎(18) 興国高 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK 了 イ・キョンテ(26) [岡山]完金海市庁FC/韓国 DF レ 神谷凱士(24) 藤枝 レ イサカ・ゼイン(24) 横浜FC MF レ 原田虹輝(21) 長野 完 長谷川竜也(27) 横浜FC FW 完 旗手怜央(24) セルティック/スコットランド 動向リスト ●横浜F・マリノス 監督:ケヴィン・マスカット(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 復 オビ・パウエル・オビンナ(23) 栃木 DF 復 池田 航(20) 讃岐 昇 西田勇祐(18) 横浜ユース 完 永戸勝也(26) 鹿島 完 小池裕太(25) C大阪 MF 昇 動向リスト 山根 陸(18) 横浜ユース 完 藤田譲瑠チマ(19) 徳島 復 樺山諒乃介(19) 山形 復 吉尾海夏(23) 町田 FW 完 西村拓真(25) 仙台 復 ンダウ・ターラ(22) 町田 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK 完 動向リスト 梶川裕嗣(30) 磐田 DF レ 平井駿助(19) ラインメール青森FC 完 ティーラトン(31) ブリーラム・ユナイテッド/タイ 完 和田拓也(31) 横浜FC MF レ 天野 純(30) 蔚山現代FC/韓国 完 扇原貴宏(30) 神戸 レ 南 拓都(19) 岩手 FW レ 山谷侑士(21) 横浜FC レ 杉本健勇(29) [浦和]磐田 レ 前田大然(24) セルティック/スコットランド ●湘南ベルマーレ 監督:山口 智(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 DF 昇 石井大生(17) 湘南U-18 高 松村晟怜(17) 帝京長岡高 大 蓑田広大(22) 法政大 動向リスト 動向リスト 復 福島隼斗(21) 福島 MF 昇 原 直生(18) 湘南U-18 高 鈴木淳之介(18) 帝京大可児高 完 永木亮太(33) 鹿島 レ 米本拓司(31) 名古屋 FW 満 石原直樹(37) 未定 高 鈴木章斗(18) 阪南大高 大 根本 凌(21) 鹿屋体育大 完 瀬川祐輔(27) 柏 復 若月大和(19) FCシオン/スイス OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK レ 真田幸太(22) 東京武蔵野ユナイテッドFC DF 完 毛利駿也(26) 金沢 MF レ 横川旦陽(19) 東京武蔵野ユナイテッドFC レ 新井 光(22) 福島 レ 齊藤未月(22) G大阪 レ 柴田壮介(20) 富山 了 名古新太郎(25) 鹿島 完 三幸秀稔(28) 大宮 FW 了 ウェリントン・ジュニオール(28) ポルティモネンセ/ポルトガル ●清水エスパルス 監督:平岡宏章(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 DF 昇 菊地脩太(18) 清水ユース 大 山原怜音(22) 筑波大 MF 高 川谷 凪(18) 静岡学園高 完 岸本武流(24) 徳島 完 白崎凌兵(28) [鹿島]鳥栖 復 成岡輝瑠(19) 相模原 FW 復 栗原イブラヒムジュニア 鈴鹿ポイントゲッターズ 動向リスト 昇 千葉寛汰(18) 清水ユース 大 加藤拓己(22) 早稲田大 完 神谷優太(24) 柏 復 髙橋大悟(22) 北九州 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 DF 完 奥井 諒(31) 長崎 満 ノリエガ・エリック(20) 未定 満 動向リスト エウシーニョ(32) 未定 MF 完 中村慶太(28) 柏 完 河井陽介(32) 岡山 FW 完 指宿洋史(30) アデレード・ユナイテッド/オーストラリア 了 藤本憲明(32) 神戸
●名古屋グランパス 監督:長谷川健太(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 復 東 動向リスト 動向リスト ジョン(19) 栃木 DF 昇 吉田温紀(18) 名古屋U-18 完 河面旺成(27) 大宮 レ チアゴ(31) C大阪 MF 完 ターレス(20) 熊本 昇 甲田英將(18) 名古屋U-18 完 レオ・シルバ(35) 鹿島 完 酒井宣福(29) 鳥栖 完 動向リスト 仙頭啓矢(26) 鳥栖 FW 昇 豊田晃大(18) 名古屋U-18 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK レ 三井大輝(20) 沼津 DF 完 木本恭生(28) FC東京 完 キム・ミンテ(28) [札幌]鹿島 MF レ ターレス(20) 熊本 レ 石田凌太郎(20) 徳島 FW 満 榎本大輝(25) [愛媛]未定 完 ガブリエル・シャビエル(28) 札幌 レ 前田直輝(27) ユトレヒト/オランダ 完 山﨑凌吾(29) 京都 ●ガンバ大阪 監督:片野坂知宏(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 DF 完 福岡将太(26) 動向リスト 動向リスト 徳島 MF レ 齊藤未月(22) 湘南 完 矢島慎也(27) 大宮 昇 中村仁郎(18) G大阪ユース 完 石毛秀樹(27) [清水]岡山 FW 昇 坂本一彩(18) G大阪ユース 大 山見大登(22) 関西学院大 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK 動向リスト 満 林 瑞輝(25) 未定 DF 満 菅沼駿哉(31) 未定 完 キム・ヨングォン(31) 蔚山現代/韓国 FW 満 白井陽斗(22) 未定 満 小野裕二(28) 未定 完 チアゴ・アウベス(28) 岡山 レ 塚元 大(20) 金沢 動向リスト ●セレッソ大阪 監督:小菊昭雄(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 完 真木晃平(23) 相模原 完 清水圭介(33) 京都 DF 完 山下達也(34) 柏 復 舩木 翔(23) 相模原 完 毎熊晟矢(24) 長崎 完 動向リスト 山中亮輔(28) 浦和 MF 完 鈴木徳真(24) 徳島 昇 岡澤昂星(18) C大阪U-18 完 上門知樹(24) 岡山 完 中原 輝(25) 山形 FW レ ブルーノ・メンデス(27) デポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ) 完 ジェアン・パトリッキ(24) サンタ・クララ/ポルトガル OUT Pos. 名前(年齢) 動向リスト [レンタル元]移籍先 GK レ 茂木 秀(22) 水戸 満 松井謙弥(36) 秋田 了 松原颯汰(19) 千葉 DF 完 瀬古歩夢(21) グラスホッパー/スイス レ 新井直人(25) 徳島 完 田平起也(20) 岩手 完 小池裕太(25) 横浜 レ チアゴ(31) 名古屋 MF レ 吉馴空矢(20) FC大阪 完 秋山大地(27) 南葛SC レ 坂元達裕(25) オーステンデ/ベルギー 完 藤田直之(34) 鳥栖 レ 西川 潤(19) 鳥栖 FW レ 藤尾翔太(20) 徳島 完 松田 力(30) 愛媛 完 高木俊幸(30) 千葉 引 大久保嘉人(39) 完 豊川雄太(27) 京都 ●ヴィッセル神戸 監督:三浦淳宏(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 大 坪井湧也(22) 中央大 DF 昇 尾崎優成(18) 神戸U-18 完 動向リスト 槙野智章(34) 浦和 MF 完 扇原貴宏(30) 横浜 完 汰木康也(26) 浦和 FW 復 藤本憲明(32) 清水 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 GK レ 伊藤元太(21) 群馬 DF 満 トーマス・フェルマーレン(36) 未定 MF レ 櫻井辰徳(19) 徳島 FW 完 ドウグラス(33) 柏 満 田中順也(34) 未定 ●サンフレッチェ広島 監督:ミヒャエル・スキッべ(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 MF 復 川村拓夢(22) 愛媛 大 仙波大志(22) 流通経済大 復 野津田岳人(27) 甲府 FW 昇 棚田 遼(18) 広島ユース 大 満田 誠(22) 流通経済大 OUT Pos. 名前(年齢) [レンタル元]移籍先 DF レ イヨハ理ヘンリー(23) 熊本 MF 満 清水航平(32) 未定 了 ハイネル(31) 動向リスト [トンベンセ/ブラジル]レ横浜FC レ 土肥航大(21) 水戸 ●アビスパ福岡 監督:長谷部茂利(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 DF 大 井上聖也(22) 甲南大 完 熊本雄太(26) 山形 完 前嶋洋太(24) 横浜FC MF 完 田中達也(29) 浦和 FW 復 動向リスト 東家聡樹(24) 今治 完 ルキアン(30) 磐田 OUT DF 完 エミル・サロモンソン(32) ヨーテボリ/スウェーデン 完 カルロス・グティエレス(30) 栃木 MF 満 カウエ(32) 未定 完 吉岡雅和(26) 山口 FW 了 ジョン・マリ(28) 深圳/中国 満 石津大介(31) 未定 了 ブルーノ・メンデス(27) デポルティーボ・マルドナド/ウルグアイ ●サガン鳥栖 監督:川井健太(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 完 岡本昌弘(38) 愛媛 完 深谷圭佑(23) 品川CC(地域リーグ) DF 大 孫 大河(22) 立正大 完 ジエゴ(26) 徳島 完 原田 亘(25) 今治 MF 完 中野嘉大(28) 札幌 大 菊地泰智(22) 流通経済大 大 佐藤 響(21) 流通経済大 完 藤田直之(34) C大阪 完 福田晃斗(29) 新潟 レ 西川 潤(19) C大阪 動向リスト FW 復 石井快征(21) 愛媛 大 荒木駿太(22) 駒澤大 大 梶谷政仁(21) 国士舘大 大 藤原悠汰(22) 明治大 レ 垣田裕暉(24) [鹿島]徳島 OUT GK レ 板橋洋青(20) 愛媛 完 金 珉浩(21) 長野 動向リスト 動向リスト DF 満 安在和樹(27) 沖縄SV 完 大畑歩夢(20) 浦和 完 内田裕斗(26) 仙台 MF 完 梁 勇基(40) 仙台 引 高橋義希(36) 完 酒井宣福(29) 名古屋 完 樋口雄太(25) 鹿島 完 仙頭啓矢(26) 名古屋 完 白崎凌兵(28) [鹿島]清水 完 小屋松知哉(26) 柏 FW レ 兒玉澪王斗(19) 山口 完 山下敬大(25) FC東京 ●ジュビロ磐田 監督:伊藤 彰(新任) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 完 梶川裕嗣(30) 横浜 DF 動向リスト 動向リスト 完 袴田裕太郎(25) 横浜FC 完 リカルド・グラッサ(24) ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル MF 高 古川陽介(18) 静岡学園高 昇 藤原健介(17) 磐田U-18 復 上原力也(25) 仙台 完 黒川淳史(23) 大宮 完 ドゥドゥ(24) ヴィラ・ノヴァ/ブラジル FW 完 ジャーメイン良(26) 横浜FC レ 杉本健勇(29) [浦和]横浜 OUT GK 完 杉本大地(28) 仙台 DF 完 大武 峻(29) 福島 レ 中川 創(22) 琉球 満 加藤智陽(25) 未定 レ 鈴木海音(19) 栃木 MF 動向リスト 満 今野泰幸(38) 南葛SC FW 完 ルキアン(30) 福岡 レ 三木直土(20) 藤枝 完 小川航基(24) 横浜FC ●京都サンガF.C. 監督:曹 貴裁(続投決定) IN Pos. 名前(年齢) [レンタル元]最終所属 GK 完 マイケル・ウッド(22) アルメレ・シティFC/オランダ 完 動向リスト 動向リスト 上福元直人(32) 徳島 完 松原修平(29) 群馬 DF 完 アピアタウィア久(23) 仙台 完 メンデス(26) 甲府 完 井上黎生人(24) 岡山 MF 大 田中和樹(21) 法政大 レ 金子大毅(23) 浦和 FW 完 マルティノス(30) 山形 完 豊川雄太(27) C大阪 完 山﨑凌吾(29) 名古屋 完 大前元紀(32) 群馬 OUT GK 満 福島春樹(28) [浦和]未定 完 清水圭介(33) C大阪 DF 満 黒木恭平(32) 未定 完 ヨルディ・バイス(32) 岡山 動向リスト 完 森脇良太(35) 愛媛 完 冨田 康平(25) 今治 MF 完 中川寛斗(27) 大分 完 庄司悦大(32) 岐阜 完 曽根田穣(27) 水戸 満 中野克哉(25) 未定 満 上月壮一郎(20) 未定 FW 完 野田隆之介(33) 琉球

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる