外国為替市場

価格設定の考え方

価格設定の考え方
ハルエネでんき 導入事例:Hair make A cote様 店舗運営する上で、普段から、ムダをなるべく省くように、コストを削減できるようにと意識はしていました。そんな中、Wizさんから提案してもらい、電気代が安くなるならそれはぜひやりたい、と思いハルエネでんきを導入しました。Wizの担当の方がいい方で、導入を決めてから始めるまでのスピード感もスムーズで、満足しています。現状、大幅な効果は実感していませんが、少しずつ下がっているのではないかと思います。

【連載】マーケティング・ミックス~価格設定

製品の価格設定について検討する要因は、 コスト、需要、競争 の3つです。
(1)その製品の製造、販売の過程でかかったコストの合計に一定の利幅を加える方法… コスト志向
→原材料費+労務費+諸経費+利幅=価格
(2)顧客の需要の状態に基づく方法… 需要志向
→ある製品について顧客がどれくらいの価格だったら買ってもよい、買いたいと思っているのか。顧客の値ごろ感や購買習慣に基づいた価格設定
(3)競争企業の価格面の動向に基づく方法… 競走志向
→競争企業の価格設定を参考に自社の価格を決定する

また、価格設定で考慮しなければいけないのは、 価格戦略 です。
「価格競争」と「非価格競争」 とありますが、どちらで戦っていくのか決定する必要があります。

(1)価格競争 …価格の引下げにより、需要を刺激し、販売量を拡大させて、売上高の増大を図る
(2)非価格競争 …価格では競争せず、周辺機能やサービスを持って売上高の増大を図る。
非価格競争の手段は下記のとおりです。
1)製品差別化 2)プロモーション 3)新市場の開拓 4)販売チャネルの整備 5)垂直的マーケティング・システムの構築 価格設定の考え方 6)固定客化の推進(サービス、会員化、ポイント・カード制の導入など)7)その他(配送の迅速化、クレジットの供与、訪問販売、自動販売機方式、生産量の調整など)

価格設定の考え方 非価格競争 は、 「価格以外の分野で、他社商品と差別化を図り、付加価値を高める競争」 価格設定の考え方 のことです。一般的に、市場には、競争企業が存在し、同等の品質や機能の商品が競合しています。
すると、消費者はより安い価格の商品を選択します。それに伴い、企業は他社より少しでも安く価格設定しようとコストダウンを図りますが、これには自ずと限界がきます。例えば、スーパーストアを思い出してもらえばよくわかるでしょう。
そこで企業は、価格以外の分野、つまり商品のブランド化、デザイン、パッケージ、品質、機能、アフターサービス等によって、他社との差別化を図りながら顧客ニーズに対応していくことで、競争力を高めていくのです。 価格競争はしない、という戦略をとるわけです。
競合他社との競争において、つい「価格」、しかも「低価格」で競争してしまいます。それが本当に自社にとって、「利潤確保」と「販売促進」の両者をもたらすものなのでしょうか。 価格設定は、自社の経営戦略、経営ビジョンに沿ったものでなくてはなりません。

プライシングの方法や考え方とは?大切なのは「値ごろ感」

屋久島 白谷雲水峡 撮影者:うさやん

プライシングとは 、 商品(製品)やサービスの価格を設定すること を言います。

プライシングの方法

一般的なプライシング

コスト志向型価格設定

価値志向型価格設定

競争志向型価格設定

新商品のプライシング

  • スキミングプライシング
  • ペネトレーションプライシング

スキミングプライシング

ペネトレーションプライシング

プライシングの考え方

プライシングとは、消費者と販売者の立場からみた「価格」というものに対して、その 落とし所を決める作業 と言っても過言ではありません。

こんなに高い山の上まで、登山者のために重たいドリンクを運んでくださっていることを思うと、 価格以上の価値を感じるように なり、次第にその価値を提供してくださっている山小屋の方々に、心から「ありがとうございます!」と思うようになったのです。

と聞かれたら、私は迷わず「 値ごろ感 」と答えます。

最後にひとつ、プライシングを行うときに陥りがちな注意点をお伝えしておきます。

投資額を増やして良い商品を作ろうとするのではなく、 少ない投資で知恵を絞りながら、より多くの商品を生み出すことに重点を置く のです。

  • 自社の売上アップや集客を強化するために、Webマーケティングを活用したい
  • Webマーケティングを始めてみたいけど、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、Webを活用した「売れる仕組み」を作りたい

中小企業小さい会社個人経営のお店や業者に特化した「 Webマーケティングの始め方 」をご紹介いたしますので、ご興味がある方はぜひご一読ください。

Webマーケティングの始め方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上Webマーケティングに携わってきた現役Webマーケターである筆者が、 中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「Webマーケティングの始め方」 をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店がWebマーケティングを始める際のポイントは、「 低予算で小さく始めて、大きく育てる 」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる