FXのメリット

株価はどうやって決まる

株価はどうやって決まる
最もわかりやすいのが、純資産。財務諸表を見れば、誰でも比較的簡単に算出できるため、価格を決める際の基準(根拠)にしやすい要素です。
純資産を基準に価格を算出する場合、貸借対照表の簿価で計算することもあれば、簿価を時価に修正した金額で計算することもあります。
ちなみに、時価に修正する際には、中小企業のほとんどは税務会計ベースで決算書を作成しているため、企業会計ベースへの修正や、その他にも含み損益の反映、税効果の検討などが必要となります。

Vol.03 知っ得。上場時の株価の仕組みとは?

株価の決め方はいくつかの方法があります。

まず同業他社や業種の株価と比べる「類似会社(業種)比較法」や、将来の利益を足し合わせる「ディスカウント・キャッシュフロー(DCF)法」、翌年度の利益に一定倍率を乗じる「倍率法」。M&A の時には、これらの方法で株価をいろいろと出してみて、買収価格を決めていきます。

資金調達や上場後の株価を見るときはもう少しシンプルに考えています。それが「倍率法」です。

来期の1株あたり当期純利益(EPS)×株価収益率(PER)=株価

EPS1万円 ×PER20倍=株価20万円

PERは変動するもの。だから利益の積み上げが一番

注意しなくてはならないのは、PERは市場環境や業種によって変わってくるというところ。先ほどの算式で言えば、株価が安くなってくれば必然的にPERは下がります。

未上場の時の株価が「安く」なってしまう!?

以外と上場するまで知られていないものに、『上場ディスカウント』という言葉があります。上場する際に、株価をディスカウントする考え方です。たとえば、先ほどの株価20万円で見てみると;

(1)既存の上場会社に比べて投資情報が限定的であるため

株価はどうやって決まる

(2)株式市場での実績がないため(上場後の動きが予測できない

(3)投資家に「お得感」を持たせて購入してもらいやすくするため

「赤字でも上場できる」はホント?

新興市場では、利益基準のない市場もあります。理論上、「赤字でも上場できる」ということです。実際に、直前期が赤字でも上場した企業はあります。実際に私もその企業の上場支援をしていました。ただ、現実としてはかなり厳しいと思ったほうがいいです。今回お話したPERを使った株価算定についても、赤字であれば株価は出せません。来期黒字になるとしても、これまで赤字だったのがどうやって黒字になるのか、投資家からすれば十分な説明を受けることはできません。

また、黒字であっても、数千万円単位の当期純利益での上場はあまりお勧めしません。「上場ディスカウント」で時価総額は思った以上に安くなってしまうからです。

直前期の当期純利益が最低でも2~3億円。これが証券会社が「上場に値する企業」として一般的に判断する利益金額です。私の経験則からも、このぐらいの利益は必要と考えます。

証券コードはどうやって決まる ? 意外と知らない証券コードの成り立ち

証券コードはどうやって決まる ? 意外と知らない証券コードの成り立ち

<業種ごとに区分される証券コード>
1,300番台 (水産・農林業)
1,500番台 (鉱業)
1,600番台 (石油ガス開発)
1,700~1,900番台 (建設)
2,株価はどうやって決まる 000番台 (食品)
3,000番台 (繊維・紙パルプ)
4,000番台 (化学・薬品)
5,000番台 (資源・素材) 株価はどうやって決まる
6,000番台 (機械・電機)
7,000番台 (自動車・輸送用機器)
8,000番台 (金融・商業)
9,000番台 (運輸・通信・放送・ソフトウェア)

証券コードにもいろいろある

金融国際化に合わせて、世界共通のコードとして作られたもので、12ケタで構成されている。最初の2ケタが国名 (日本はJP) 、次の9ケタが新証券コード、末尾の1ケタがチェックコードである。現状では取引に使うことはないコードといえる。

ISIN (アイシン) =International Securities Identification Number の略

ごくわずかだが、優先株を上場している企業もある。優先株とは、剰余金の配当や会社清算時の残余財産を普通株よりも優先的に受ける権利を有する株のことをいう。利益配分が優先される半面、議決権に一定の制限を付される。優先株コードは例外として普通株のコード番号に5を加えて5ケタで構成されている。例えば伊藤園 (2593) の優先株コードは25935である。

ニューヨークやロンドンなどの証券取引所に上場している企業に付されたコードで、アルファベット数個を組み合わせて銘柄名を識別している。ニューヨーク証券取引所におけるApple (アップル) のティッカーはAAPLである。日本株のコード番号と違い、アルファベットの配列を見ただけで個別銘柄を連想できる点で合理的といえる。

「会社四季報」見方のポイントは ?

直近の状況を判断する上では右上に掲載されているチャートと株価指標の欄に注目したい。直近4年程度の月足チャートが記載されており、「右肩上がり (下がり) で推移している」「年間を通じて●月に上昇 (下落) する癖がある」「ここ数年は横ばいで推移している」などの大まかなトレンドを把握できる。

同時に確認したいのは、1株利益の何倍まで買われているかを表すPER (株価収益率) と、1株あたりの純資産に対して何倍まで買われているかを表すPBR (株価純資産倍率) の株価指標である。相場の情勢や業種によっても数値の意味合いが変わるため一概には言えないが、数値が低いと株価が割安にあると判断できるため、高値掴みをしないために活用したい。

この欄には、売上高や営業利益、経常利益といった損益計算書 (P / L) に関する実績と四季報記者による独自予想、会社予想が掲載されているため特に重要だ。例えば、売上高の推移を見て「本業で稼ぐ力」がどの程度あるか、売上高と営業利益を比較して本業でどの程度効率的に稼げているか (売上高営業利益率 (%) =営業利益÷売上高×100) 、会社予想と四季報記者の独自予想との乖離 (かいり) が無いかなどを確認することができる。

日本企業は3月決算が多いため、毎年6月に発売される夏号では、予想内容が大きく変わることもある。好材料、悪材料を見つける意味で注意深く確認したい。時間がないときには、欄外にある矢印による前号対比 (↑、↓、→) やニコちゃんマークによる会社対比 (笑顔、渋面) でざっくり把握することができる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる